静岡県の地酒をはじめとした数多くの地方銘酒やお酒に合う地場産品を取り揃えております

豆州庵ロゴ

書籍

〜しもだの歴史を紐解く書籍〜

下田に残る歴史の数々。
特に幕末はアメリカが開国を迫り、ロシアもまた下田へ寄港。
その歴史の流れのなかで活躍する坂本龍馬。
その歴史の陰で時代に翻弄された唐人お吉。

多くの人々が織りなす歴史という舞台は、
この豊かな港町に今でもひっそりと息づいているのです。

その歴史を皆さまに隅々まで楽しんでいただければと、
当博物館では下田の歴史にまつわる書籍や冊子、
所蔵の古地図などの複写を取り揃えております。
「地酒と地場産品の店 豆州庵」にて販売しておりますので、歴史の一端を手に取ってみてはいかがですか?

下田の歴史と史跡

下田の歴史を知る上でかかせない、まさに手引きとなる一冊。初版は開館と同時に刊行され、現在は官公庁などにも置かれています。

幕末開港の町 下田

開館20周年を記念して刊行された当館元相談役肥田喜左衛門氏の著作集。新聞への寄稿などを集めた集大成としての書籍です。

ペリー日本遠征記図譜

ペリーが帰国後記した、貴重な資料から抜粋された図版を中心に再編集しました。手軽な文庫サイズで当時の日本を感じてみてください。

吉田松陰

下田開港150周年を記念して刊行された、吉田松陰の生涯を辿る書。写真も多く親しみやすい内容で、どなたにでも松陰先生を身近に感じていただけます。

日本とロシアの交流

日露和親条約締結の際、そこにはどんなドラマがあったのか?アメリカがやってきた同年に進められた日露の交流を記す解説書。

ハリスとヒュースケン・唐人お吉

日本とアメリカの通商の道を開いたハリス。彼の残した事業と成果、ハリスに仕えて通訳を超えた働きをしたヒュースケン、ハリスの元へ通ったお吉に焦点を当てた書です。

下田の歴史のなぜ?なに?

下田の歴史の「?」が「!!」に。お子様にもわかりやすい解説が好評の一冊です。これで歴史博士に一歩近づいた!?

下田開国博物館収蔵品・展示品図録

開館30周年を記念して発行された当館初の図録です 。日本開国に関わる約2,000点の資料・遺品のなかでも特に重要なものを抜粋して掲載!当館を訪れた記念となる一冊です。