162年前の9月15日

| コメント(0) | トラックバック(0)

1856年9月15日(安政3年8月17日)
 アメリカ総領事タウンゼント・ハリスは下田の玉泉寺に領事館を開き、下田で生活するのですが、5人の中国人を料理人、洗濯夫等として伴ってきました。さらに162年前の今日、2人の下田の少年が柿崎玉泉寺の米国領事館に住み込みの召し使いとして雇われました。総領事ハリス付きとして村山滝蔵(16才)、秘書兼通訳ヒュースケン付きとして西山助蔵(15才)です。両名とも身分は下田奉行所の足軽で、米国領事館からの手当は、それぞれ月1両2分でした。
 翌年10月ハリスがは出府し、将軍家定に謁見し、幕府と修好通商条約の交渉に入るのですが、両名ともこの出府に随行しています。またハリスが公使に昇任し、安政6年5月下田の玉泉寺領事館を閉じ、江戸麻布善福寺を公使館としたが、両名とも善福寺に移っています。そして文久2年(1862)ハリスが帰国するときには滝蔵は一緒に米国に渡り日帰国し東京の米国公使 館に勤めた。
 一方の助蔵は、明治3年まで、4代の公使に仕え29才の時時郷里の中村に帰りました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shimoda-museum.jp/mt/mt-tb.cgi/919

コメントする

ホームページへ

このブログ記事について

このページは、shimodaが2018年9月14日 02:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「160年前の9月13日」です。

次のブログ記事は「120年前の9月22日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04