163年前の7月14日

| コメント(0) | トラックバック(0)

 1855年7月14日(安政2年6月1日)  
   1854年12月、ロシア使節プチャーチンの乗艦ディアナ号は下田港に停泊中、安政の大津波により大破し、修理のため西伊豆の戸田(現沼津市戸田)に回航途中富士沖で沈没してしまいました。ディアナ号の約500名のロシア将兵は助けられ戸田に滞在し、ディアナ号の代船として建造された「ヘダ号」やアメリカ商船をチャーターし、3回に別け帰国の途につきました。
 1回目は1854年4月11日米船カロラインフート号で159名が、2回目は5月8日、戸田で建造された「ヘダ号」でプチャーチン以下48名が、そして163年前の今日第3次としてロシア将兵278名が商船船グレタ号で帰国の途につきました。 しかし出航後、オホーツク海で敵対関係にあったイギリス軍艦に拿捕され、ロシア将兵は捕虜となり、ロシアに帰ったのはイギリスの講和が成立した後、翌年でした。なお、この船で元掛川藩士の橘耕齋(たちばなこうさい)がロシアへ密出国しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shimoda-museum.jp/mt/mt-tb.cgi/898

コメントする

ホームページへ

このブログ記事について

このページは、shimodaが2018年7月 9日 04:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「153年前の7月8日」です。

次のブログ記事は「160年前の7月23日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04