163年前の1月頃

| コメント(0) | トラックバック(0)

1855.1月頃(安政2.1月頃)
  163年前の1月、下田町中村(現下田警察署付近)に下田奉行所が建てられました。 下田は1854年3月3日(嘉永7年3月31日)横浜で幕府とアメリカの使節ペリーとの間で結ばれた「日米和親条約」で日本最初の開港場となり、ペリーの黒船艦隊が入港してきました。 江戸時代を通して下田は幕府の直轄地で、この頃は韮山代官の支配でしたが、開港場となり外国の船や人が来ることから下田奉行が置かれ、当所は町中の宝福寺そして稲田寺が仮奉行所となりました。 安政2年(1855年)、中村に約1万坪の田地を埋め立て、江戸の大棟梁(今のゼネコン)辻内近江が1万6千両で下田奉行所屋敷を建設しました。下田奉行所には役人から通訳まで140人ほどがいました。万延元年(1860)下田奉行は廃止となり、奉行所も取り壊され、木材等は神奈川へ運ばれました。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shimoda-museum.jp/mt/mt-tb.cgi/841

コメントする

ホームページへ

このブログ記事について

このページは、shimodaが2018年1月 4日 10:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「158年前の12月31日」です。

次のブログ記事は「147年前の1月1日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04