163年前の12月4日

| コメント(0) | トラックバック(0)

1854.12.4(嘉永7.10.15)
  163年前の今日、ロシア使節プチャーチンがディアナ号で下田へ来航しました。目的は北方の国境画定と日本との通商の協議のためです。この年の1月長崎で日本側大目付格筒井政憲、勘定奉行川路聖謨と交渉したのですが打ち切りとなり、下田で同じメンバーで交渉を再開しました。交渉の末1855年2月7日下田の長楽寺で日露和親条約を結びました。千島列島エトロフ島以南が日本、ウルップ島以北がロシア、樺太は共同使用。下田、箱館、長崎の開港等々を決めまし。当時国境は戦争の結果で決まるのが普通でしたが、日本とロシアは話し合いで決め、これは世界史上特記すべきことです。
 なお、2月7日は「北方領土の日」ですが、この日露和親条約締結を記念したものです。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shimoda-museum.jp/mt/mt-tb.cgi/833

コメントする

ホームページへ

このブログ記事について

このページは、shimodaが2017年12月 1日 04:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「156年前の12月頃」です。

次のブログ記事は「161年前、160年前の12月7日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04