164年前の10月17日

| コメント(0) | トラックバック(0)

1953.10.17(嘉永6.9.15)
  徳川幕府は1635年(寛永12)500石以上の大型船の建造を禁止しました。これは大名の軍船を規制するためで、2年後には軍船を除き大型船の建造を許可し、以後いわゆる千石船による海運が発達しました。 しかし18世紀末頃から外国船が日本近海に姿を見せるようになり、幕府は鎖国を守ろうと色々な施策を講じましたが、大型軍船の必要にせまられ、164前の今日ついに大船建造禁止を解除しました。そして幕府は1854年浦賀に造船工場を開き、3本マスト(長さ22間、巾5間)の鳳凰丸を建造し、薩摩藩(昌平丸・3本マスト、長さ15間、巾4間)、水戸藩(旭日丸)等も洋式船の建造に向かいました。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shimoda-museum.jp/mt/mt-tb.cgi/821

コメントする

ホームページへ

このブログ記事について

このページは、shimodaが2017年10月11日 04:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「213年前と159年前の10月9日」です。

次のブログ記事は「165年前の10月19日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04